中山

中山

鍵盤堂

Volca nubass 副題は「バキュームチューブシンセサイザー」

コルグお得意の真空管がコンパクトなVolcaの筐体に搭載されたVolca nubass。

「Nutube」と呼ばれる真空管を初めてオシレーターに組み込んだモデルです。
真空管回路は2系統あり、1つはオシレータ、2つ目はサブオシレーターのドライブ回路に使用されます。

サブオシレーターはmoogのシンセなどでもおなじみのあれです。

ベースシンセには欠かせないやつ。

音に厚みが出るし、アナログっぽい暖かみもあるので、トラックやサウンドの中で存在感がでますね。
アシッドなベースラインを作るのにかかせない、トランジスタ・ラダー・フィルターを使うと独特のうねりが生まれてよりハマります!

シーケンサ―部分は、ベースの奏法であるスラップやスライドが再現できるトランスポーズ、
アクセント、スライドの機能が相乗効果でメリハリを与えてくれるので、作っていて楽しい!

Volca Kickと組み合わせて、いつものセットに補強するのもあり。

Volca bassに比べて、よりアシッドなベースラインを求めたい人に超おすすめです。

やっぱりブリブリ言わせたいじゃあないですか!

しかし、やはりコルグさん、この価格でこの機能を採用するなんてやっぱり太っ腹ね~~

OTHER REVIEWSこのスタッフの他のレビュー

  1. 中山のレビュー画像
    再生ボタン
    中山

    中山

    鍵盤堂

  2. 中山のレビュー画像
    中山

    中山

    鍵盤堂

  3. 中山のレビュー画像
    中山

    中山

    鍵盤堂

  4. 中山のレビュー画像
    中山

    中山

    鍵盤堂

  5. 中山のレビュー画像
    中山

    中山

    鍵盤堂