YAMAHA

ヤマハ / YTR-9335CHS 【Bb トランペット】

ポイント
10% 還元
  • 新品
  • 店舗受取可能
  • 動画あり
  • 送料無料

商品番号 674994

JAN : 4957812642057

メーカー希望小売価格 ¥544,500 (税込)

販売価格 ¥490,050 (税込) 10%OFF

獲得予定ポイント:
44550pt(10%)
注文数:

販売価格 ¥490,050 (税込)

カートに入れる

配送日目安:通常3~4営業日以内に発送予定
  • 商品説明
  • 仕様詳細
2019年新たなステージへ
トランペットの長い歴史の中で、銘器と謳われたビンテージトランペットたちがあります。それらを徹底研究・検証し、単に同じ能力を再現するだけではなく、新たに素材やパーツ構造の1つ1つを再考案・再構築し、高いレベルでバランスさせたのがこのXeno Artist Modelシリーズです。
誕生以来トップアーティストとの緊密な連携により、更なる高みを目指し進化を続けています。


The Chicago Series
シカゴ交響楽団(CSO)のジョン・ハグストロム氏の協力により完成したシカゴシリーズ。 正統的スタイルと革新的な仕様の融合により、フリーな吹奏感で輝かしさと深みのある音色が特徴です。
C管とBb管間の同質性が高く持ち替えも容易で、全音域にわたるバランスの良さが高い演奏性を実現します。



・バルブケーシング
ビンテージトランペット研究により得られた新しい知見に基づき、バルブケーシング特定箇所の寸法や肉厚を見直しました。バルブケーシング変化とライトウエイトピストンの相乗効果により反応の大幅な改善が実現し、細かい音粒のより明確な表現が可能となりました。


・主管抜差管/ウォーターキイコルク
YTR-9335CHSとYTR-9445CHSの主管抜差管形状は、全体の吹奏感と音色のバランスを見直し、スクエア形状を採用しました。ウォーターキイには経時変化しにくいラバーコルク*を新たに採用。この変更により音がまとまり、遠達性と反応を向上しました。 
  *ラバーコルク:合成ゴム中にコルク粒子を均一に混ぜ合わせたもの。通常のコルクより圧縮復元性が優れています。


・ベル形状
ベルのテーパー設計とU字部のスクエア曲げにより理想的な抵抗感をもたらします。これにより、力強く芯のある、より「立体的」なサウンドが得られ、高音域の演奏性が向上します。


・フレンチビード
真円の縁輪を入れてカーリングする一般的な工法に対し、かまぼこ型の縁輪を入れ、その形状に合わせてカーリングする非常に高度な工法。奏者への音のフィードバックの良さが特長です。


・リードパイプ
これまでより厚肉のリードパイプ、オリジナルのマローンパイプ(MB1)と、軽量のマウスピースレシーバーを使用することで、音色と反応が向上すると共に演奏に最適な抵抗感が得られるようになりました。 また、指掛けをリードパイプにはんだ付けしないことで、リードパイプの特性が発揮され音色、反応が向上しています。


・マローンパイプ
ボブ・マローン氏(Bob Malone)が1983年にロサンゼルスに工房を開いて以来、多くのトランペット奏者が彼の元で楽器のカスタマイズを施してきました。特に独自設計のリードパイプは評価が高く、マローンパイプという名称で語り継がれています。2001年、ヤマハはマローン氏を開発陣に迎え、マローンパイプをカスタムモデルの一部に採用しています。重厚かつ輝かしい響きと、遠達性に優れたこのリードパイプは、奏者の持つ音楽観を最大限まで引き出してくれることでしょう。


・ウォーターキイ
管体の響きを最大限に発揮させるためにキイデザインを変更、ウォーターキーアームとサドルの重量バランスにより高音域の狙いやすさを高めながら、演奏の自由度、レスポンスも一層向上しました。


・延座デザインとポジション、支柱ポジション
ベル延座形状と位置を変更することで重量バランスを見直し、より素早いレスポンスと華やかかつ芯の通った音色を追求しました。 また、YTR-9335CHSの支柱位置はBb管トランペットとしてはユニークなものとなっており、それはC管のYTR-9445CHSのマウスピースレシーバーと主管抜差管支柱の間の距離に近いことから、同質性が高くBb管とC管の持ち替えを容易にしています。


・第1抜差し
第1抜差しの特別な支柱は、音の芯を際立たせてより明確ではっきりとした表現をもたらします。


・第3抜差
通常より長く抜ける位置にストッパーが配置されているので、Low E♭を正確な音程で出すことができます。また、抜差の先端にあるボタンや切り欠かれたストッパーは演奏時の抵抗感を微調整しており、快適な吹奏感を生み出しています。



~~開発協力アーティスト~~
ジョン・ハグストロム(シカゴ交響楽団)
ジョン・ハグストロムは、1996年に4番トランペットのオーディションに合格して以来、シカゴ交響楽団(以下CSO)のトランペットセクションメンバーとして活動しています。入団の1年後、彼は2番トランペットのポジションに就き、CSOの有名な金管セクションアンサンブルの伝統を受け継ぎ担っています。CSO入団前は、カンザス州のウィチタ交響楽団の首席トランペットを務め、ウィチタ州立大学で助教授を務めました。

シカゴ出身の彼はCSOを聞いて成長しました。イーストマン音楽院で5年間学んだ後、ワシントンD.C.の The President's Ownアメリカ海兵隊バンドで6年間過ごし、そのうち3年間首席奏者を務めました。バンドと彼のソロ公演には4回の全国コンサートツアーと大統領ブッシュ大統領の娘、ドロシーのキャンプデービッド結婚式も含まれています。

最近のレコーディングには、Bellini Oboe ConcertoとSachse Concertino、およびChicago Brass Choirとの共演があります。Teldec labelからリリースされたダニエル・バレンボイムの「トリビュート・トゥ・エリントン」のレコーディングにてリードトランペットとしても彼の演奏を耳にすることができます。




仕様
・Bb管トランペット
・イエローブラス/一枚取り
・フレンチビード、ボトムシーム
・MLボア
・銀メッキ

付属品
・17B4 マウスピース
・ケース / TRC-801E
・その他 / バルブオイル/スライドグリス/ポリシングクロス




  • ※説明文中の価格・スペック等は掲載時点の情報であり、現状とは異なる場合がございます。
  • ※商品は店頭及び外部ECでも併売しておりますため、ご注文のタイミングによっては完売となっている場合がございます。
  • ※在庫は遠隔倉庫に保管している場合もございますので、表示されている取扱店舗にご用意が無い場合がございます。

CUSTOMER
REVIEWSお客様の声

レビューはログイン後、ご入力いただけます。

URLをコピーしました。